京都 名刺入れ しごき染 伝統工芸 ギフト 京小紋 SHIGOKI 【かまわぬ】

京小紋 SHIGOKI 名刺入れ


オフィスシーンの日本の形として使いたい、しごき染の名刺入れ。

一見、シンプルでコンパクトなデザイン。


京都 バッグ 京小紋 SHIGOKI


しごき染という京都の蒸し工場では一軒だけになってしまった技術が凝縮されています。

その魅力には、京都で培われた「きもの文化」が背景にあります。

染・織ともに受け継がれたストーリーを知ることで、伝統工芸を嗜む入口としておススメのアイテム



しごき染京小紋 SHIGOKIのこだわり。

新潟県五泉市で織られた「塩瀬」という着物の帯地に使用される丈夫な絹織物を使用。

染は「京都」

京小紋という伊勢型紙を使用した型染に、しごき染を施したもの。



生地には、撥水加工と当社で開発した、水に濡れても縮まない、防縮加工 シュリンクプルーフが施されている。

絹にこだわるのは、その染色技術の最高のパフォーマンスを生むことができるから。


京都 バッグ 京小紋 SHIGOKI


スタイリッシュなデザインで、スマートにご使用いただけます。

ギフトとしてもおすすめの逸品です。 誕生日/父の日/就職祝い






素材:シルク×本革

サイズ:W約11×H6.5×D1(cm)




【柄の説明】

人間国宝 故南部芳松作「かまわぬ」
江戸後期の7代目市川團十郎が舞台衣装に用いた「かまわぬ」からインスピレーションを受けて制作した図柄。
「水火も厭わず(かまわず)、身を捨てて弱い者を助ける」心意気を持った人が好んで着たのが始まりといわれています。




※写真はイメージになります、生地の取り位置によって、柄の位置が異なります。予めご了承ください。
販売価格
10,800円(税800円)
購入数